住宅ローンを借りるなら、まずは事前審査から

新居を購入しようと思って、まず心配になるのがお金のことと思います。

【住宅ローン。私たちは組めるのか?借りられるとしたらいくら?】と不安になりますよね。

これまでにモデルルームやオープンハウス、不動産会社さんから              【ローンが組めるか事前審査かけてみますか?】と言われたことがありませんか??

持ち家への第一歩は、住宅ローンを申請する事前審査なのです。

住宅ローンの事前審査とは??

住宅ローンの【事前審査】とは文字通り本申込みをする前の仮審査を意味します。

住まいの物件が決まり不動産申込書を記入する前に、大抵のお客様は資金計算をたててもらいます自分たちで準備できる自己資金(現金)以外の不足部分は銀行からローンで借りるしかありません。そして(もし、物件を買うことになったら、これぐらいの支払額になるんだなとおもいます)

という具体的なイメージができるのです。しかし、それは住宅ローンをきちんと借りることができればの話です。住宅ローンの審査に通って初めて、あなたの資金計画はGOサインが出るのです。実は、不動産の営業マンにとってもこの事前審査は非常にたいせつです。お客様の資金計画趣味レーション通りに運ぶかどうかを左右するからです。事前審査はあくまでも仮の審査なので、費用は掛かりませんし、ほかの銀行で借りることになってもペナルティが発生するわけでもありません

事前審査で準備するもの

住宅ローンの事前審査には、下記のものが必要となります。                 (銀行によって多少の差があります。

・本人確認資料(運転免許証、パスポート等の写真付き証明書)

・健康保険証

・源泉徴収票もしくは確定申告書(2期~3期分)

・決算報告書(2期~3期分、自営業や会社経営者のみ)

・印鑑(実印もしくは認印、シャチハタ不可)

・物件資料(パンフレットの物件概要書、価格表など)

自営業者様は会社員の方よりも準備するものが多くなります。               これらの書類はコピーで大丈夫ですが、免許証保険証裏表のコピーが必要です。      銀行は【本人確認】から次に【返済資力】を確認します。

審査書類を見て銀行はこのお客様は貸したお金をきちんと返済してくれる人)かを判断する。 これこそが住宅ローンの審査とも言えます。                        銀行はとにかく【不正利用】と【貸し倒れ】を嫌うのです。                 もちろん、一般的に手続きの流れに乗って淡々とこなせばよいのですが、残念なことに実際はこうした書類の偽造なども報告されているのが現状です。

事前審査に欠かせないのが【個人信用情報の審査】

お客様が記入する申込み書類に、もう一つ大事なものがあります。              それは「個人信用情報の取扱いに関する同意書」です。これは何に同意しているのかご存知でしょうか?                                         簡単にいれば「これまで、借りたお金をきちんと返してきたかどうかを調べます。そして今回調べたという記録も残します。」ということを同意しているのです。               クレジットカードでのショッピング(分割払いやリボ払い)、キャッシングなどで支払いの遅れなどがないか?現在どのくらいローンを組んでいるのか?ということを調べるのです。      実は、住宅ローンの審査ではここが最大の関門でもあります。                まず、同意書を提出しないことには審査が進みませんし、ここで引っかかってしまうとあなたの申込自体が【否決】となってしまうのです。

先ほど銀行は【貸し倒れを嫌う】とお話しました。これまでにクレジットカードの引き落としに遅れがあったり、きちんと返済していなかったり、いわゆる【金融事故】の記録が残っている人に銀行はお金を貸してくれません。これから30年もしくは35年という長い期間に渡って返済してもらわなくてはならないので、【信用度】が低い人はお断りされてしまいます。           また、自動車ローンなどの大きな借り入れがある人も、その返済を含めて貸して良いかも判断されます。(借入過多)                                   もしも住宅ローンの事前審査において【否決】の回答がされた場合、十中八九この【個人信用情報】が原因です。しかし銀行は(なぜ審査が落ちたのか)について具体的に教えてくれません。 なぜなら【個人情報】だから。たとえ本人が問い合わせても教えてくれません。

もしも自分の個人情報の内容について不安がある方は、情報開示を申請して事前に調べるのもいいかもしれないですね。(有料)

株式会社日本信用情報機構  http://www.jicc.co.jp
株式会社シー・アイ・シー  http://www.cic.co.jp

最近ではWEBで事前審査を受付している銀行もあります。                 事前の準備で気軽に申込してみてください。

タイトルとURLをコピーしました