【住宅ローン】返済期間にまつわる誤解

お役立ち情報

住宅購入をご検討している皆さん資金計画を立てるわけですが、世の中常としては
借金はしない方がいい。借金はできるだけ返すべき」という風潮がございます。

一般的にはそうですが、住宅ローンに限ってはそうとは言い切れない部分があります。

今回は多くの人が誤解しがちな【短期間で返済することが正しい】という風潮に着目を
おいてみたいと思います

借入期間の違いで生まれる差

日本では「借入=悪い事」というイメージがありますが、住宅購入の際にはほとんどの人が
現金一括購入は購入は難しい状況です。足りない部分は住宅ローンを組む、これは決して悪いことではありません。

住宅ローンを組むご年齢によりますが、住宅ローンは最長35年の長期の借り入れができます。

35年を上限に借入期間は選択することができる」が分かりやすいですね。

借金はしないに限るという方は「とにかく借入期間を短く。35年も払ってられない!」となります。資金計画をしていると「35年よりできれば20年くらいで借りたいです。」という申し出を受けることがあります。

借入期間が35年と20年では支払う利息が違ってきますので、総返済額(ローンを完済した時点で総額いくら支払ったか)を比べてみれば20年の方が少なくなるのは一目瞭然です。

しかし、借入期間が短いとその分1カ月の返済金額は高額になる+住宅ローンの審査されるときにも審査のハードルが高くなります。

【20年返済】と【35年返済】差額はいくら?

20年ローンと35年ローンで返済額がどのくらい違うのか見てみましょう。

(例)

借入金額3,500万円
フラット35(全期間固定)金利1.29パーセント バーナス払いなし(S)は除外

毎月の返済額 

借入20年 165,531円   借入35年 103,600円  61,931円の差となります

これが最後まで積み重ね、総額返済になると

借入20年 39,727,517円 借入35年 43,512,125円 3,784,608円の差となります

総額約378万円となり差が大きいと感じると思います。

ところが毎月の支出を見てみましょう。

1回の支払いで61931円の差、20年返済では年間743,172円も多く支払っています。

途中経過で比べてみると20年が経過した時点で返済額合計の差は約1,486万円になります。

35年に比べて駆け足で返済しているが、数字を見てみると1,400万円にもなると
得をしていたはずなのに損している錯覚を起こします。

【期限の利益】という特権

皆様は「期限の利益」という言葉をご存知でしょうか?
法律用語で難しそうなイメージですが、実は住宅ローンの契約書にも小さな文字でしっかりと記載されています。

言うならば
返済が遅れない限り、最初に契約した期限までに、時間を掛け借金を返済してよい
という権利です。ゆっくり返済することが許されているのは、お金を借りる側にとっては利益がある状況なのです。

元々、一括で支払うべきお金が手元に資産がないからローンを組んでいるわけです。
無理して慌てて返済する必要はないのです

(繰り上げ返済をして早く終わらせるべきっていうじゃないか)と思われるでしょうが
それは余剰金があって始めて可能になる話です

子育て世代の教育費

子育て世代がマイホーム購入する時には、
一番に考えないといけないのが子供の将来掛かる教育費です。

幼稚園、小学校、中学校、高校や大学、専門学校への入学金 授業料や塾の月謝、
県外へ進学する場合は生活費などなど
10年後や20年後にそういった支出がピークを迎えるならば、
家計を住宅費で考えると非常に危険です

(私たちは収入があるから大丈夫)(共働きだから大丈夫)
本当にそうでしょうか

住宅ローンは必ず返さなければいけない借金です。一方で将来の収入は未確定です。

借金はないに限りますが、一度組んでしまった以上は、

遅れることなく返済し続ける】が重要です

つまりは【手元にお金を残しておいて、確実に支払いを続けていく事】を最優先するのです。

ベストは【住宅ローンを返済しつつ、貯蓄もできる状態】だといえます。

極端な話ですが、20年返済で生まれた6万円の差額、
こちらを支払ったつもりで貯蓄へ回せればよいのです。

そのくらいの余裕を持った資金計画を立てるべきなのです。

早く、少しでも返済した方がいい】という言葉にとらわれず
収入と支出のバランスを長期的に考える事が大事ですよね。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_//_/_/_/_/_/_/ _/_/_/_/_/_/_/_/_//_/

不動産売却に関しましては、【不動産売却ナビ】をご活用ください。
株式会社EIZINでは、
弊社事務所前でも無料相談を受け付けています
東山商店街で店舗を構える弊社ならではの無料相談方法です

月・火・木・金 11:00~15:00 

―――  相談事例
・戸建てに一人暮らしで管理が大変…
・免許を返納して、便利な場所に引越ししたい…
・進学に伴い希望の学校の校区で家を探したい…
・持ち家を売却して、賃貸へ引越しを考えている
・所有物件の空室に入居者を探してほしい。。
・リフォームを考えているけど、どこに頼めばいい?

不動産に関することなら何でもご相談にのります!
小さなことでもお気軽にご相談下さい。
                   ――――

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_//_/_/_/_/_/_/

神戸市の中古マンション探すなら【株式会社EIZIN】

652-0042
神戸市兵庫区東山町二丁目11番8号
営業時間/9:30~18:00
定休日/日曜日(事前相談に応じて承っております。)
TEL/078-515-8788 FAX/078-515-8878
E-mail/info@eizin.jp
【ありがとうの一言を求めて】

不動産売却ナビ: https://www.eizin-net.com/
不動産仲介HP: https://www.eizin.jp/

タイトルとURLをコピーしました