神戸市役所2号館~63年間の歴史に幕引き~

お役立ち情報

こんにちは。
株式会社EIZINです。
今回は本日「お別れ式典」が行われた、神戸市役所2号館についてお届けしたいと思います。
神戸新聞をはじめ、新聞・ラジオなどメディアでも取り上げられていました。

◆神戸市中央区:神戸市役所2号館について◆
現在、急速に神戸市中央区の再整備が進んでいます。
神戸市役所2号館ですが、昭和32年に湊川から現在の場所へ移転しました。
この市役所移転は、神戸の都心を三宮とすることを事実上決定付けたもので、63年間の長きにわたり市民が利用してきました。
1995年の阪神淡路大震災では当時8階建だった市役所2号館の上部が損壊してしまい、以後6階から8階部分を撤去したかたちで施設を残していました。

老朽化が進んでいることから、まもなく解体が始まる神戸市役所2号館ですが、新たな姿に生まれ変わるのは2025年度以降竣工を予定しています。
建て替え後は、現在の市役所1号館と同規模の20階以上の超高層ビルになると予想されています。
また先日お伝えした東遊園地の再整備も市役所2号館の近隣で進行中です。
東遊園地は公園全体を2023年秋竣工と予定しているので一足早く完成しますが、市役所2号館の工事が2025年に完了すると、街並みの雰囲気もガラッと変わるかもしれませんね!

ホテル・商業施設・中規模音楽ホール・市役所部分など棟を分けて作られる様です。
これを機に居留地エリアや海岸通沿いにも新たにお店が増えそうですね。
普段はセンター街や元町方面で用事を済ませてしまっていますが、新しいお店が増えたら海岸通沿いにも足をのばしてみたいなと思いました。

◆再整備に伴って関係部局の移転が行われています。
市役所本庁舎仮移転事務所の場所に関しては、下記の神戸市HPをご覧ください。

神戸市:庁舎案内
神戸市役所庁舎案内のページ
タイトルとURLをコピーしました